HOME

強迫性障害のカウンセリング

強迫性障害のカウンセリング
頭では、“おかしい!”
ってわかっているけれども、“どうにもできない!!”

イメージカット

◆手や体の汚れが気になって何度も洗わないと気がすまない

◆家の鍵やガスの元栓、窓を閉めたかどうか気になって何度も確認する

◆物を秩序だって順序よく並べたりきちんとした位置に収めないと気がすまない

◆自分の不注意で他人に危害を加えてしまうのではないかという異常な恐れ

◆何度打ち消しても、嫌な考えが頭から離れない

強迫性障害は、頭ではわかっているけれどもどうにもならないといった状態。
だから、克服していくためには、認知レベルのアプローチだけではどうにもなりません。そこで必要になってくるのは、潜在意識レベルと行動レベルへのアプローチなのです。

強迫性障害ってどのようなもの?

イメージカット

強迫性障害とは、強迫観念と強迫行為という強迫症状を主な商用として、職場や学校、家庭など、社会生活や日常生活に支障をきたす病気です。

強迫観念とは、自分の意思に反して繰り返し頭に浮かぶ、無意味で、現実には起こりそうもない考えをいい、そうした考えを払いのけようとする行動を強迫行為といいます。

そして、強迫行為を繰り返すために、生活に著しく支障をきたしている状態を強迫状態といいます。

多くのクライアントは、自分の強迫症状が奇異であったり、不条理であるという自覚を持っているので、人知れず思い悩んだり、恥の意識を持っています。強迫観念の内容によっては罪の意識を感じていることもあります。そのため、自分だけの秘密として、家族などの周囲に内緒で強迫行為を行ったり、理不尽な理由をつけてごまかそうとすることがあります。

強迫性障害の様々な症状

強迫性障害は、不快な考えが頭に何度も浮かぶため、その不安を振り払うために同じ行動を何度もくり返してしまう病気です。
手を何度も洗わずにはいられないとか、戸締まりを何度も確認しなくては気がすまないなど、誰でもたまには経験する行動なのですが、それが習慣的になってしまい、更にそれが過剰になってしまい生活に支障をきたすほどになってしまうのが強迫性障害です。

強迫性障害の症状には次のようなものがあります。

洗浄強迫・清掃強迫

ある特定の状況や特定の物によって汚染されることを恐れる強迫観念に苦しんでいます。
それは、人体からの排泄物であったり、細菌類、病気、化学薬品などのよる汚染だったりします。あらゆる汚染を排除するために、必要以上に手を洗ったり、シャワーを浴びたり、何時間も掃除をするなどの儀式行動をしてしまいます。

確認強迫

確認強迫に捉われている強迫性障害の人は、ドアの戸締りや電気を消すときなど、実際はきちんとできていても、1回で済んだという確信が持てません。そこで。もう1回確かめたくなり、それを何度も繰り返してしまいます。何時間にもわたって、確認、不安、確認という苛立たしい堂々巡りを繰り返してしまう人もいます。

加害強迫

加害強迫の人は、自分が誰かに危害を与えてしまったのではないかという強迫観念に苦しめられています。危害といっても、他人に大怪我をさせてしまわないかというものから、家族や会社、社会全体に損害や迷惑をかけてしまうのではないかというものまで幅広いものです。

整理整頓強迫

整理整頓強迫の人は、周りのものが左右対称に並んでいるなど、厳格なルールに従って整理されていないと気がすまない人たちです。 物が正しい場所に収まっているかどうかの確認に膨大な時間をかけ、少しでも違っているとすぐに気がつきます。だれかがその配置を変えていようものなら酷く怒りだします。

溜め込み・収集強迫

溜め込み・収集強迫の人は、物を集めすぎたり、買いすぎたり、物を整理できなくて散らかしたり、物が捨てられずに溜まりすぎて、生活にまで支障をきたしてしまうような人たちです。

嫌な考えや不吉強迫

嫌な考えや不吉な様々なものが浮かんできて、何度打ち消しても頭に浮かんできてしまいます。自分が意図していないのに、ある考えやイメージが瞬間的に思い浮かんでしまい、こびりついたように頭から離れなくなってしまいます。
また、幸運な数字や色があり、不吉な数字や色は避けたりして、それが単なるこだわりの域を超えて、自分でコントロールすることが難しくなり、精神的な苦痛が生じるほどになってしまう人もいます。

強迫性障害は、イメージ療法と認知行動療法で。

正しい知識

強迫性障害を克服していく上では、まず強迫性障害の正しい知識を身につけていただきます。どのように考え病気として捉えて、どのように克服していけばいいのか。また、そこではご家族の理解もとても大切なものになってきます。

自分自身を知る

そして、正しい知識を身につけていたいだいた後には、まずご自身を客観的に捉えていくということやっていきます。今までの経緯を振り返るカウンセリングと現在のストレス環境の確認、現在のご本人の物事の考え方や心理的な傾向についてチェックシートなどを利用しながら確認していきます。

他の影響を軽減させる

強迫性障害は、ストレスによって症状が悪化したり軽減されたりするものです。ストレスの影響を確認して軽減していくことはとても重要なところです。また、過去のトラウマ体験が影響を与えている場合もありますので、トラウマなどの影響確認と必要な場合にはトラウマセラピーも施していきます。

イメージ療法で準備する

強迫性障害の克服は、エクスポージャーといって、最終的には行動療法で実際に苦痛な体験にチャレンジしていただくということになるのでが、一足飛びにそこへいくには大きな障壁があるものです。
その前段階として。まずは強迫性障害の苦痛を受け容れていくということをやっていきます。この苦痛は必要なものであり否定すべきものではなく受け容れていくべきものであるという認識をイメージを使って深いレベルで行っていきます。
そして、次の段階として、イメージの中でその苦痛体験を味わっていただくというイメージエクスポージャーを行うことによってイメージの中での苦痛度を低減させていきます。
ここで、実際のエクスポージャー体験をしていくための自信をつけていただくことになります。

認知行動療法によるエクスポージャー

さて、ここで最終的な実際の行動療法に移っていくわけですが、そこで出てくる障害となってくる認知や習慣についても修正を図っていきます。認知や習慣の修正を図りながら実際の行動に変化を与えていくという認知行動療法を施していきます。
エクスポージャーとは、強迫症状を引き起こすものに直面し、不安・苦痛はあっても、想像していたような危機は実際には起こらず、やがて不安や苦痛は減っていくということを学ぶものです。そして、強迫衝動が起こっても強迫行為を行わないという方法を訓練していくことによって苦痛を低減させ強迫性障害を克服していくことになります。

幸せを引き寄せる“心の法則”無料小冊子 ダウンロード

お問い合わせ・カウンセリングのご予約

まずはお気軽にお問い合わせください。

一般ご予約フォーム

 ご予約可能日時: 月~金 10:00~21:00 土日祝 9:00~18:00

カウンセリングは個人別にその人にあったコースを組んでいきますのでご相談ください。
料金は1回60分10,000円、回数は8回~16回ぐらいで個人別に違ってきます。

よくわかない・確認したいなど疑問がある場合にはお気軽にお問い合わせください。

電話:03-5201-3847

email

このページのトップに戻る
『メンタルオフィス SINBI』HOMEに戻る