HOME

バッチフラワーレメディ

バッチフラワーレメディは、花のエッセンスによる心の癒し療法です。
植物のしずくが、あなたの感情のバランスを整えてくれます。
バッチフラワーレメディは、日々の生活の中でのストレスや、
ちょっとした心の疲れなどを癒し整えてくれる植物療法です。

病院にいくほどでもないけれど、何かイライラしてしまったり、怒りっぽくなっている、あるいは不安や心配がつきまとってしまって、憂鬱であったり、身体がだるい・疲れやすいなど・・・そんな時に元気を与えてくれるのが、バッチフラワーレメディ=植物のエッセンスなのです。

バッチフラワーレメディは、今から70年以上前、イギリスの著名な医師であり、細菌学者であったエドワード・バッチ博士によって編み出されたものです。 エドワード・バッチ博士(1886年~1936年)は、時代に先駆けた考えをもった医師でした。博士は短い生涯で正統的な医学から自然な形の医学を発展させ、感情面とスピリチュアルな面のあり様が、身体の健康に対応しているという考え方を持っていました。 現在では、多くの医師がこのように考えるようになってきましたが、バッチ博士は、当時から健康を維持し病気から回復するには、心のあり方が重要な役割を果たしていると考えていました。

バッチフラワーレメディは、身体的な治癒を妨げると考えられる落ち込みや不安感やトラウマのような感情面に対応することで、苦しみと闘うクライアントをサポートしていくものです。レメディは、ストレスを受けたり、不安になった時に、それ以上悪化しないように前もって使って未然に防ぐという使い方もできます。

レメディは、副作用も習慣性もなく、穏やかに作用していきます。年齢を問わず新生児からお年寄りまで安心して使うことができます。動物や植物に対しても大変効果的なものなのです。

38種類のレメディ

バッチフラワーレメディには、精神状態によって選ぶ38種類のレメディがあり、素材となる38種類の草花の名前によって分けられています。
レメディは、各レメディの示す特徴にあなたの感情を照らし合わせて選んでいきます。
例えば、体調が優れない場合に、感情的にイライラしているのか、それともとても憂鬱な気分なのか、またはとても不安を感じているのかによって、それに対応するレメディは違うものになってきます。
レメディは、身体的な不調の時だけではなく、心の疲労や困難な感覚などのネガティブな感情を和らげる助けにもなってくれます。身体的な不調が現われる前にバランスを取り戻してくれるのです。

バッチフラワーレメディの飲み方は簡単です。
トリートメントボトル(30ml)にレメディをボトルから2滴ずつ入れて、さらにミネラルウォーターで希釈して、それを4滴ずつ、1日に4回を目安に飲むだけです。普段飲む水やお茶に混ぜて飲んでも大丈夫です。

バッチフラワーレメディの個人セッションについて

バッチフラワーレメディは、基本的には“セルフヘルプ”という考えに立っています。
セルフヘルプとは、自分で自分の心の状態を見つめ、どんな感情に左右されているのかを把握し、自発的によい状態へと導いていくための助けになるということです。

従って、バッチフラワーレメディの個人セッションにおいては、クライアントであるあなたが、自分で自分の心を見つめて、レメディを使いながら心のバランスを整えていくことが出来るようになるお手伝いをすることになります。

具体的には、カウンセリングを充分施した上で、クライアントであるあなたと一緒に感情の状態を見つめていき、あなたに合ったバッチフラワーレメディを選んでいきます。
1回目は1時間ほどのカウンセリングの後にあなたのレメディを選び、3週間ほど実際に使っていただきます。2回目以降は、その使用後の様子などを見ながら新たなレメディを選んだり、レメディの選び方を学んでいきます。

個人セッションには、バッチフラワーレメディ単独で行うコースと他の心理セラピーと合わせて行う方法があります。

< ?php the_title(); ?>のメニュー料金・お申込み

< ?php the_title(); ?>は1回50分6,000円から受付けております。< ?php the_title(); ?>のお申込みは下記ご予約フォームからからお願いします。

一般ご予約フォーム

 ご予約可能日時: 月~金 10:00~21:00 土日祝 9:00~18:00
 コメント欄にトラウマ・セラピー希望と明記の上お申し込みください。

よくわかない・確認したいなど疑問がある場合にはお気軽にお問い合わせください。

電話:03-5201-3847

email

このページのトップに戻る
『メンタルオフィス SINBI』HOMEに戻る