HOME

摂食障害の過食嘔吐の事例 (対人関係療法、催眠療法)

摂食障害の過食嘔吐の事例 (対人関係療法、催眠療法)

26歳 サービス業 女性のケース

過食嘔吐の習慣が4年ほどあり止められない状況。

特に仕事上でのストレスが多くある状況で激しくなる。

そのストレスは、本音を言えない、ノーを言えないという
ところに起因しているものがほとんど。

このケースも子ども頃からの母親との関係で、本音が言えない
母親の顔色をうかがうというところが他の対人関係に如実に
現れているケースである。

このケースは、催眠療法と対人関係療法を交えて対応していく。

まず、催眠療法では現実の自分をを客観的に見ていきます。

少し離れたところから自分自身を眺め気づきを促していきます。

そして、そこにある気持ちを明確していきます。

それから、その気持ちがどこから来ているのか?

その気持ちが生まれる最初の原因へと遡っていきます。

この場合は、子どもの頃の母親との関係でした。

ここで、満たされなかった母親との関係を満たしていき
癒しへと繋げていきます。

充分な癒しを得られたあとで、自己の再構築を行って行きます。

自信がなかったり、人の目を気にして気を使いすぎる自分から
自信があって、何でも言える自分への変容です。

催眠療法では、過去の癒しと自己イメージの再構築を行って
行きます。

そして、その後対人関係療法へと繋いでいき、現実のコミュニケーション
の改善を図り対人ストレスを軽減させて行きます。

このケースでは、2回~3回の催眠療法で確実に効果が上がり、

対人関係療法ではより自信を深めていくという形になりました。

摂食障害のカウンセリングは対人関係療法で⇒ https://www.sinbiz.jp/eating2/

メンタルオフィスSINBI

催眠療法のホリスティック・セラピーハウス