HOME

過食嘔吐・過食症・拒食症(摂食障害)の克服治療の対人関係療法カウンセリング

過食嘔吐・過食症・拒食症(摂食障害)の克服治療の対人関係療法カウンセリング

辛い過食嘔吐や拒食症などの摂食障害を克服・治療するためのカウンセリング

過食嘔吐や拒食症などの摂食障害は、けっして「わがまま病」ではありません。
典型的な「心の病」なのです。
だから、「自分を責めないでください」
病気なのだから、「自分ではコントロールでできない」のです。
でも、「どうせ治らない!」なんて思わないでください。
一緒に辛い過食嘔吐や拒食症・過食症という摂食障害を克服・治療する道を歩んでいきましょう!!

摂食障害の克服・治療カウンセリングの世界的スタンダード

 メンタル・オフィスSINBIでは、摂食障害の克服・治療カウンセリングの世界的スタンダードとなっている「対人関係療法」をカウンセリングに取り入れています。
 精神療法には様々な療法がありますが、その中で、過食症に対して効果があると科学的に検証されているのは、今のところ、認知行動療法と対人関係療法だけです。この2つの療法をカウンセリング終了6年後まで追ってみると、認知行動療法よりも対人関係
療法の効果の方が高いという結果が示されています。
 対人関係はストレスのいちばんのもと、といっても過言ではないくらい、私たちは対人関係によって心の状態を左右されています。とくに、身近な対人関係には大きな影響を受けます。
 対人関係療法では、その身近な対人関係に着目して、カウンセリングを進めていきます。もっとも親密な関係をもっているのが、配偶者・恋人・親・親友など、その人に何かがあったら自分の情緒にもっとも大きな影響を与える相手です。専門的には「重要な他者」と呼ばれます。
 この重要な他者との対人関係をバランスよくもっていくことが、心の健康を支える要となりストレスを軽減させ、摂食障害の改善へと繋がっていきます。

摂食障害になる人の特徴

 摂食障害の人の特徴として、協調性が比較的高い人であるが、一方で自尊心がとても低いという面が指摘されています。「自尊心」が低いということは、自己評価が低くて、自分に自信がないということです。摂食障害のカウンセリングは、この低い自尊心をいかに高めるということがポイントになってきます。

過食症

 過食症はほとんどが女性に起きる病気です。その過食症の背景には、女性はやせているほうが美しいという社会的な価値観が根強くあります。
過食症という病名から、一般的には「食べたい病気」だと思われていますが、実は「痩せたい病気」であると言われています。痩せようとするダイエットの反動として過食が起こっているのです。
 また、「ダイエットの反動としての過食」とは別に、「ストレス解消としての過食」もあります。これは、普通の人のストレス解消のためにする「やけ食い」と同じ種類のものです。

拒食症

 拒食症は、「過食を伴う拒食症」と「過食を伴わない拒食症」の2つに分けて考えられます。「過食を伴う拒食症」は一般に治るのに時間を要します。過食と拒食が入り混じった複雑な状況にあることがひとつの要因になっています。
「過食を伴わない拒食症」の人には、「過食を伴う拒食症」の人とは違った「痩せたい気持ち」があるようです。「過食を伴う拒食症」の人は「痩せることは、美しくなること」に直接的に結びついているのですが、「過食を伴わない拒食症」の人は、痩せてきれいになりたいという願望よりも、「太るのが怖い」という「恐怖」に支配されているようです。
 また、別のケースとして、拒食によって意思表示をしている場合もあります。それは、周りに対する「ノー!!」の意思表示であったり、自分に対する「ノー!!」の意思表示です。食べないことによって自分の強い意志を現わしているわけです。

過食嘔吐

 過食嘔吐とは、拒食症の「過食を伴う拒食症」のことであり、過食をした上でそれを身体の留めておくことができずに嘔吐してしまうという摂食障害の症状のことを言います。
多くの場合は、ダイエットあるいは拒食症の反動として過食が起きることにより、過食による太ることへの恐怖から嘔吐してしまうという行為から徐々に過食嘔吐へ遷移していくという経緯を辿っています。
過食嘔吐の克服・治療においても、対人関係療法による摂食障害の克服・治療カウンセリングの有効性が検証されています。


摂食障害克服のためのオンライン無料WEBセミナー

対人関係療法による摂食障害の克服・治療カウンセリング

対人関係療法による摂食障害の克服・治療カウンセリング

●どうして改善していくのでしょうか?

 本人が気づいていない場合も多いのですが、摂食障害は対人ストレスと大きく関わっているのです。それは、物心ついたころから身に付いた対人スキルだから気づかないのかもしれません。無意識に当然のこととして生活しているのです。
 また、もうひとつ大きな点は、自分の気持ちです。摂食障害になりやすい人は自分の気持ちを抑圧して生きて来た人が多いのです。自分の気持ちを抑えて生きてきているので、自分の本当の気持ちに気づかないのです。だから、自分が対人ストレスを抱えていることにも気づかないことになります。
 対人関係療法では、まず自分の気持ちに気づいてもらいます。そして、それが、対人ストレスになっていることを・・・・。
 それから、いかに自分の本当の気持ちを伝えていけばいいのかといことを実践もまじえながら一緒に進めていきます。コミュニケーションのソーシャルスキルを練習して身につけていくわけです。
 そうしていくことによって、対人ストレスは序々に軽減していき、摂食障害は改善していくのです。

●カウンセリングの実際

 それでは、実際の対人関係療法のカウンセリングはどのように進められていくのでしょうか?
 ここでは対人関係療法の中核を為すコミュニケーション分析の一部を紹介したいと思います。
 対人ストレスをつくりだす最大の原因は、問題のあるコミュニケーションパターンです。対人関係療法のカウンセリングでは、このコミュニケーションパターンを近々に実際にあった出来事、そこで交わされた実際の会話、そこで実際に動いた情動や考えに基づき検討していきます。
 実際の場面と会話を取り上げ具体的に検討していくわけです。あいまいなコミュニケーションをしていないか、わかりにくい間接的な表現をしていないか、勝手な思い込みをしていないか、結局何も言わずに沈黙していないか・・・などです。
 そうして、修正できるコミュニケーションは変えていき実際の生活で実践してもらうということをやっていくのです。ポイントは本当の自分の気持ちを伝えるコミュニケーション能力を身につけていくということです。

基本姿勢

 対人関係療法で取り組む摂食障害のカウンセリングにおいて、前提としていただきたい基本的な姿勢は以下の3つになります。

  • 摂食障害の症状である「過食嘔吐」や「痩せたい気持ち」については話し込まない
  • 自分のまわりの人たちと自分との関係をよく考えてみる
  • 積極的にカウンセリングに参加する

期間限定カウンセリング

 カウンセリングは、1回60分間で、全部で16回の期間限定カウンセリングです。
 16回のカウンセリングが終わるときに、過食症状がなくなっているという保証はできません。16回のカウンセリング目標は、どのようにしていけば過食症を改善していけるのかということがよくわかり、そのやり方に自信を持てる、というところを目指しています。

 ただ、16回が長いと思われる人も多くいらっしゃるので、対人関係療法のショートセッションコースを新たに設けました。通常の半分の期間の8回でで終了します。比較的軽い症状などで短期間をご希望の方はこちらをご指定ください

四つの問題領域

 カウンセリングでは、対人関係における4つの問題領域の中から1つまたは2つに焦点をあてて取り組んでいきます。
 四つの問題領域とは、“悲哀”、“役割の変化”、“対人関係上の役割をめぐる不和”、“対人関係の欠如”を指します。

どう変わるのか?

・当然のことながら摂食障害は改善されます。科学的に認められています。
・自分自身の捉え方や性格傾向が変化していき楽になります。
・コミュニケーションがとても楽になり生きやすくなります。
・本来の自分を生きられるようになり、人生が変わっていきます。
・家族のありようが変わり、本来の家庭を取り戻していけます。

摂食障害(過食嘔吐・過食症・拒食症)の事例

対人関係療法とは

推奨書籍

拒食症・過食症を対人関係療法で治す

カウンセリングのお申込み

 摂食障害のカウンセリングのお申込みは下記ご予約フォームからからお願いします。

一般ご予約フォーム

 ご予約可能日時: 月~金 10:00~21:00 土日祝 9:00~18:00
 コメント欄に摂食障害カウンセリング希望と明記の上お申し込みください。
(カウンセリングの料金は、1回60分あたり10,000円)

よくわかない・確認したいなど疑問がある場合にはお気軽にお問い合わせください。

email

(参考文献 水島広子著 「拒食症・過食症を対人関係療法で治す」「対人関係療法マスターブック」)

期間を短縮して改善対応をご希望の場合

 比較的軽い摂食障害である、少ない回数で対応してもらいたいというご希望に合わせて、催眠療法を取り入れた方法も行っております。
催眠療法に対人関係療法を加えて取り組んでいきます。
詳しくはこちらをご覧ください。
摂食障害を催眠療法で克服する

 また、対人関係療法のショートセッションコースを新たに設けました。通常の半分の期間の8回でで終了します。比較的軽い症状などで短期間をご希望の方はこちらをご指定ください。

メンタル・オフィスSINBI 摂食障害カウンセリング 4つの特徴
特徴その1 過食症・拒食症などの摂食障害の克服は対人関係療法を中心に

メンタル・オフィスSINBIでは、摂食障害カウンセリングの世界的スタンダードとなっている「対人関係療法」をカウンセリングに取り入れています。

精神療法には様々な療法がありますが、その中で、過食症に対して効果があると科学的に検証されているのは、今のところ、認知行動療法と対人関係療法だけです。この2つの療法をカウンセリング終了6年後まで追ってみると、認知行動療法よりも対人関係療法の効果が高いという結果が示されています。

特徴その2 対人関係療法と他の療法も取り入れて

対人関係療法は大変優れた療法であり、摂食障害の克服には大変効果的なものなのですが、それがぴったり適合しなかったり、他の療法によるアプローチが必要になる場合も生じて来てしまうというのが実際によくあることです。

メンタルオフィスSINBIでは様々な摂食障害のケースに応じて柔軟に対応できるように各種療法を用意しております。

特徴その3 摂食障害カウンセリングの実際

様々な状況に合わせて様々なカウンセリング技法があるのですが、一緒に相談しながら方向性を考えていきます。

通常は3回~4回のカウンセリングで、どこに焦点を絞ればいいのか、どうような技法を施していけばいいのか、といったカウンセリング方針が立てられ進められていきます。

メンタルオフィスSINBIのカウンセリングでは、あなたに最もあった方法であなたの問題解決を全力でサポートしていきます。

特徴その4 摂食障害関連のセミナー・ワークショップ

摂食障害を克服していくためのサポートとして各種セミナー・ワークショップを開催しています。

御本人のためのものとご家族のためのものなどがあります。

まず、最初に大切なのは、自分を知り病気を知ることです。基本的な知識と考え方、克服に向けての基本が理解できます。
ハンドブックの内容(全60ページ)

福山裕康プロフィール

資格・経歴等

ABH(米国催眠療法協会)認定トレーナー
一般社団法人ジャパンストレスクリア・プロフェッショナル協会 認定トレーナー
米国NLP&コーチング研究所公認 NLP上級プロフェッショナルコーチ
NLPコアトランスフォーメーション トレーナー・アソシエイト
一般社団法人 日本酵素・水素医療美容学会公認 プロフェッショナル インストラクター
NLP(神経言語プログラミング)マスタープラクティショナー
ABH(米国催眠療法協会)認定マスター・ヒプノティスト
日本マインドフルネス精神療法協会認定 マンンドフルネス瞑想療法士
対人関係療法ワークショップ 実践応用編 終了
日本認知療法学会会員
1961年生まれ、福島県出身、上場会社の管理職・経営企画を経験後に独立。

得意とする分野

摂食障害・うつ病・パニック障害・人間関係改善・自己実現・コーチング

主な療法

対人関係療法・SAT療法・NLP・催眠療法・認知行動療法・イメージワーク・ブリーフセラピー・EFTなど

こちらからご登録ください

こちらのメルマガにご登録していただけると、
摂食障害克服ハンドブックの無料ダウンロードができ、
同時に無料メールレッスンへの登録が完了いたします。

無料電話相談付き

摂食障害ハンドブックをダウンロードしていただけると翌日より、
摂食障害克服のためのハンドブックに沿った
無料メールレッスンを30日間に渡ってお届けいたします。



摂食障害の克服専門カウンセリング
摂食障害克服のためのオンライン無料WEBセミナー

摂食障害関連コンテンツ

カウンセリングのメニュー・料金

カウンセリングのご予約

対人関係療法とは

対人関係療法によるカウンセリング

摂食障害のご家族の皆さまへ

摂食障害を催眠療法で克服する

摂食障害の事例

事例・体験談

摂食障害関連のセミナー・ワークショップ

拒食症を克服するために

ダイエット依存症やダイエットの悩みは 対人関係療法カウンセリングで解決!!

ダイエットはこれで安心!!

ストレスや感情の問題を解決すればダイエットはうまく!!

対人関係療法と他の療法について

過食症・拒食症など摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
摂食障害の克服専門カウンセリング
摂食障害克服のためのオンライン無料WEBセミナー

このページのトップに戻る
『メンタルオフィス SINBI』HOMEに戻る