HOME

摂食障害 過食症(過食嘔吐)の事例 (対人関係療法)

摂食障害 過食症(過食嘔吐)の事例 (対人関係療法)

年齢23歳 会社員 東京都在住 

止めたいと思いながらも止められない過食嘔吐に苦しんでいました。
頻度はほぼ毎日。最初に始まったのは中学3年生ぐらいで、初めは過食のみ。



初め嘔吐はなかったが、高校生なってから吐き始め、高校3年ぐらいから回数
が増え、21歳ぐらいからほぼ毎日のように過食嘔吐を繰り返す。

この場合は、お母さんとの関係が特に問題でした。お母さんが一方的に
コントロールするタイプで、それに対して何も言えずにお母さんに従うという
のが常でした。

 

ノーが言えない、自分の本音が言えない、どうしても無理して周りに合わせて
しまう。 そこには、嫌われたくない、見捨てられたくないという強い不安な
気持ちを抱えていたのでした。

このケースは対人関係療法で対応していきました。

自分の素直な気持ちをまず感じてみるということから始めました。
そして、その気持ちどのように周りの人に伝えていけばいいのかということを
検討していきます。

そして、方向性が決まれば、具体的な直近のコミュニケーションを取り挙げな
がら、その時の会話、気持ち、取った行動を分析して、改善のための方法を考え、
実践へと移していきます。

これらを実践に移すことによってコミュニケーションは改善されていき、今ま
で抱えていたやり場のない感情は薄れていき、結果として過食嘔吐の回数は少
しずつ減少していきました。

摂食障害のカウンセリングは対人関係療法で⇒ https://www.sinbiz.jp/eating2/

メンタルオフィスSINBI

催眠療法のホリスティック・セラピーハウス